外構・エクステリア工事とは

【徹底解説】外構工事って何?これを読めば外構・エクステリアが丸っとわかる!

「外構・エクステリアは家づくりで最も失敗しやすい」と言われているをご存じでしょうか? 外構やエクステリアについて考えることは、人生で一度あるか無いかという人が大半であるうえに、 情報が世の中にあまり出ていないため、何となく業者に言われるがままに工事を進めてしまっている人が本当に多いんです。 知識さえあれば「もっと費用を抑えられたのに」「もっとおしゃれな庭や玄関にできたのに」というケースが沢山あるのが現状です。 家は生活を送るうえで非常に大事な場所であるはず。 後から後悔することの無いよう、本記事を通して外構・エクステリア工事についてしっかり理解しておきましょう。 今すぐに外構・エクステリア工事の専門アドバイザーへ無料相談したい方は下のボタンから! 「外構工事」とは?「エクステリア」との違いは? 外構工事とは「門扉・門柱」「フェンス」「アプローチ」「カーポート」「植栽」など、家の外側(敷地内)を構成する構造物の工事を指します。 エクステリアと混同しがちですが、エクステリアは家の外(敷地内)の空間全体のことを指します。 「複数の外構によってエクステリアが構成されている」というイメージで、外構+庭=エクステリアと説明されることもあります。 外構・エクステリアは家づくりで最も失敗しやすい マイホームの顔でもある外構・エクステリアですが、実は最も失敗しやすい部分でもあります。 「外構・エクステリア費用は住宅の本体価格に含まれていると思ってた」 「家の中のことで既に消耗しているタイミングで外構・エクステリアの検討が始まって気力・体力が残ってない」 「外構・エクステリア業者に関する情報があまりなく、良く分からない」 というように、十分に情報を集められておらず、業者さんから提案されるままに何となく工事を進めてしまっている方が非常に多いんです。 外構・エクステリア工事はオーダーメイドなので「正解」は一つではありません。 ですが、「失敗」しないために出来ることは沢山あります。 せっかくのマイホーム、外構・エクステリア工事で後悔しないためにも、しっかり情報収集して知識を付けておくことがとっても大切です。 それではさっそく、具体的な外構タイプや外構工事の種類から確認していきましょう。 外構のタイプと種類 ここでは、 ● 外構タイプ(敷地内と外の境界部分のタイプ) ● 外構種類(工事をする部分の種類) について解説します。 外構のタイプ 外構は大きく分けて、以下の3のタイプがあります。 用途や予算によってどの外構タイプが最適かが変わってきます。 ①クローズ外構 クローズ外構とは 「門、フェンス、ブロック塀、生垣などで住宅の敷地を囲い、住宅と道路の境界線が明確にわかる外構」のことです。 クローズ外構の一番のメリットはプライバシーを確保できることですが、他のタイプと比較して外構工事費用が高くなります。 ②オープン外構 オープン外構とは その名の通り、「住宅の敷地を塀やフェンスなどで囲わず、外部からオープンに見えるようにする外構」を指します。 フェンスや門扉もないため、クローズド外構と比較すると圧倒的にオープン外構の方が費用が安くつきます。 ③セミクローズ外構 セミクローズ外構とは、「塀やフェンスで完全に周囲を囲むのでは無く、必要な場所にのみ設置する外構」のことです。 外構工事の費用を抑えることと、プライバシーをうまく確保できることから近年では、多くの注文住宅で採用されている外構タイプになります。 基本的にはオープンであればあるほど工事費・資材費がかからないのでコストは下がります。 外構の種類 代表的な「外構」は次の通りです。  ・塀・囲い  ・ガレージ・カーポート ・玄関アプローチ  ・テラス・ウッドデッキ  ・フェンス […]