「外構・エクステリアプランがしょぼい」と感じたときの対処法を徹底解説【予算内でより良い外構・エクステリアに!】

「いざハウスメーカーから提案された外構プランを見たら思ったよりしょぼい…」

「予算内でもっと良い外構・エクステリアにしたいんだけど…」

こんなお悩みをお持ちじゃないですか?

外構・エクステリアがしょぼいと生活にも支障が出てきます。

この記事を読むと、「外構・エクステリアプランがしょぼいと感じたときの対処法」について理解することができます。

弊社ご利用頂いた方の中にも

「同じ予算内で、以前より提案されたものよりおしゃれで良い外構・エクステリアプランを提案してもらえた」

という方が沢山いらっしゃいます。

さらに、記事の最後に「信頼できる外構業者選びのポイント」についてもお伝えしているのでぜひチェックしてみてください!

今すぐ外構・エクステリア工事の見積もりたい!というかたは↓のボタンからどうぞ。

あなたが検討しているのはどっち

「思ったより外構・エクステリアがしょぼい」は新築の失敗あるある

「思ったより外構・エクステリアがしょぼい」は新築の失敗あるある

新築外構でよくあるケース

家の工事のことで手一杯な時、ハウスメーカーから「外構どうします?」と聞かれて初めて『外構』という言葉を知る。

外構については全く考えてなかったので、ハウスメーカーにそれなりに良い感じのものを提案してもらい、大して確認もせずそのままお願いすることに。

いくつか伝えた必須の要件は盛り込まれているようだし、問題ないだろうと思っていたが、いざ完成してみると、「イメージよりもしょぼい」「駐車しづらい」「通行人からの目線が気になる」など様々な不便を感じるように。

結局、追加でフェンスを取り付けたり、駐車スペースの工事が必要になり余計にお金がかかってしまった。

こんなケースは本当に良くあります。

では、どうしてこうなってしまったのでしょうか?

続いて、新築外構で失敗する主な原因についてお伝えしていきます。

新築外構で失敗する主な原因

新築外構で失敗する主な原因は次の3つです。

・外構・エクステリア工事に関する基本的な知識がない
・外構・エクステリア工事を軽視して後回しにしている
・複数業者でしっかり比較検討していない

外構・エクステリアで失敗する原因は一言で言うと「良く考えてない・分からないまま進めてしまった」ということに尽きます。

・きちんと外構・エクステリア工事にある程度の知識は付けおく
・スケジュールに余裕をもって計画する
・複数の専門業者で提案内容や見積もりを比較検討する

これら3つをきちんとやっておけば、「外構が思ったよりしょぼい」など後から後悔しないで済みます。

あなたが検討しているのはどっち

外構・エクステリアがしょぼいと生活に支障がでる

外構・エクステリアがしょぼいと生活に支障がでる

「外構はそんなにこだわりない」
「別にしょぼくてもいいじゃん」

という方もわりと多いですが、こだわるべきポイントをおざなりにすると、後々生活に支障がでることも。

たとえば、以下のようなケース

・カーポートが車のサイズとあっておらずドアを開けずらい、荷物を出し入れしずらい
・フェンスの高さが合わず外からの目線を遮れてない
・動線が不便
・建物と外構のテイストがあってない
・不要な設備がある

ざっと挙げただけでもしっかり検討しておかなければいけないことが沢山あります。

ハウスメーカーはあくまでも「家」のプロです。

外構・エクステリア工事に関してほとんど知識が無い場合も非常に多いので、ある程度自分で細かいポイントを確認しておく必要があります。

提案された外構・エクステリアプランがしょぼいと感じたときの対処法

ハウスメーカーや工務店から外構・エクステリアプランの提案を受けた時点で「なんかしょぼいな」と感じた場合には、次の方法がおすすめです。

①ハウスメーカーや工務店に外構業者を紹介してもらう
②自力でいくつかの外構業者を探す
③見積もりサイトで同時に複数社を紹介してもらう

外構業者によって得意な工事と不得意な工事があります。

一つの業者だけで決めると相場感も、提案内容の良し悪しも判断しづらいです。

どの方法でもよいので、とにかく何社かの専門業者に見積もりをもらって、提案内容をしっかり比較してみましょう。

外構業者から見積もりをとるまでの流れ(外構・エクステリアパートナーズの場合)

外構・エクステリア工事の見積もりを貰うまでの流れ

当社、外構・エクステリアパートナーズでお見積りを依頼する場合の流れは次の通りです。

①現地調査

②プランニング

③ご提案

⇓の記事では外構・エクステリア工事の見積もりについて丸っと徹底解説しています!
>>【外構・エクステリア工事の見積もりを全解説】見積もりの取り方やタイミング、見方や確認すべきポイントなど
外構・エクステリア工事の見積もりの「ベストなタイミング」「見積もりに必要なもの」「外構・エクステリア工事の見積もりの見方」などについて詳しく解説しているのでぜひチェックしてみてください!

こんな業者は要注意!【「しょぼい外構」を回避せよ】

こんな業者は要注意!【「しょぼい外構」を回避せよ】

安さを売りにしている業者

安さを全面に押し出している業者には要注意です。

安い費用で丁寧に工事してくれるならそれに越したことはないのですが、そんな美味しい話には裏があるものです。

次のように良くない手を使っているケースも少なくありません。

・人員を減らして手抜き工事をしている
・見積もりをごまかしている
・エクステリア商品や材料のグレードを下げている

「安い」というのもとても大事な指標ですが、そこを1番にアピールしている業者には注意しましょう。

忙しくて手が回ってない業者

わりとあるケースなのですが、人数のわりに引き受けている案件が多く、手が回らずに工事の質が落ちている業者もあります。

現場の管理、監督をする現場管理者が同時に複数の現場を担当しなければならないので、忙しくて現場に来ないということも・・・

これらの現象は利益優先型のパワービルダーや、低価格帯で勝負している業者に多くみられます。

本来は職人達がしっかりと仕事出来るように、工程や品質の管理を元請会社がしっかりと行うことが重要になります。

・工期が極端に短い
・年間工事量が非常に多い
・連絡がつきづらい、返事が遅い

以上のような傾向が複数ある業者には、注意が必要です。

見積もりの内訳がざっくりすぎる業者

「外構工事一式150万円」というように、見積もりの書き方がざっくりすぎる業者も要注意です。

「一式」だけでは、どのような工事をどこまでやるかが不明なまま工事が進められることになり、後々トラブルがあった際に泣き寝入りするしかありません。

特に特定の商品があるような工事(フェンスや門柱)などは商品名や型番まで記載されているか確認しましょう。

たとえば、一覧にこんなふうに書いてあればOK。

【ブロック積み】製品名・メーカー・数量・単価
【門柱】仕上げ方法・門扉・表札・ポスト・インターホン
【カーポート】製品名・メーカー・工事費込み価格 or 商品代金のみ

ぜひ見積もりの書き方にも注意してみて下さい。

あなたが検討しているのはどっち

信頼できる外構業者選びのポイント

信頼できる外構業者選びのポイント

外構・エクステリア工事は業者選びが命です。

エクステリア商品はオンラインショッピングのように「配達して終わり」というわけでは無く、組み立てや設置工事が必要になります。

せっかくお金をかけて工事をしたのに、「工事が雑で仕上がりが微妙」「業者とそりが合わずにモヤモヤ」なんてことにならないよう、業者選びにはしっかり力を注ぎましょう。

信頼できる外構業者選びのポイントは次の3つです。

①工事内容に適した業者を選ぶ
②実績が豊富な業者を選ぶ
③安さだけで業者を選ばない

外構工事の専門業者探しは中々骨の折れる作業ですが、ぜひ業者選びだけは手を抜かないようにしましょう!

「信頼できる業者を探す方法」「業者選びのポイント」などについてのより詳しい内容はこちらの記事で徹底解説しています。

>>【外構・エクステリア工事の見積もりを全解説】見積もりの取り方やタイミング、見方や確認すべきポイントなど

あなたが検討しているのはどっち
外構・エクステリアパートナーズ
閉じる