新築外構は50万円でどこまでできる? 優先順位や予算内に抑える方法を解説

「新築外構は50万円でどこまでできるのかな?」
「外構工事にかけられる予算があまりないんだけどどうしよう…」

こんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

結論、外構一式工事を50万円で済ませるのはかなり難しいです。

ただし、これは外構一式を一気に工事する場合の話です。

家の工事と違って、外構工事が終わって無くても生活はできるので、外構箇所ごとに少しずつ工事を進めるという選択肢があります。

この記事では、「一度にかかる費用を50万円に抑える方法」「外構箇所の優先度ランキング」について詳しく解説しています。

さらに、「外構工事の費用を安く抑える方法」についてもお伝えしているので、外構工事の予算についてお悩みの方はぜひチェックしてみて下さい。

そもそも、「外構工事にかかる費用の相場ってどのくらい?」という方は外構エクステリア工事の費用を徹底解説「家の1割が相場」はウソ!?で詳しく解説しています!

本題に入る前に、「今すぐ外構・エクステリア工事について相談したい」という方は下のボタンからご登録下さい!

あなたが検討しているのはどっち

外構工事費用は50万円で収まる?

外構工事費用は50万円で収まる?

結論、外構一式工事の費用を50万円で抑えるのはかなりキツく、現実的ではありません。

「新築で外構一式」といった時に含まれる工事は「門まわり」「フェンス」「アプローチ」「駐車場」「植栽」あたりがですが、平均で合計150~170万円程かかるのが一般的です。

ここまで読んで、「え、そんなに高いの?そんなにお金残ってない…」という方もいるかもしれませんがご安心下さい。

そもそも人生で外構工事について考える機会なんてそうそう無いので相場感が無いのは当然ですし、多くの人が「外構工事って意外と費用かかるな…」と一回は絶望しています。

ただ、そこでローンを追加したり、お家の予算を削ったりするのはなかなか難しいと思いますしそうするべきではないと思います。

そんな時は、優先度の高い外構箇所から順番に少しずつ工事をしていくという選択肢を検討してみて下さい。

何も外構全体を一気に工事しなければいけないという事はありません。

最初の内は多少不便に思うこともあるかもしれませんが、実際住んでみて必要な部分や機能などを検討していくと失敗の少ない外構になりるというメリットもあります。

次の章では部分工事の優先度ランキングをご紹介していくので、外構計画を立てる際の参考にしていただければと思います。

あなたが検討しているのはどっち

外構費用を50万円に収める!部分工事優先度ランキング5選

外構費用を50万円に収める!部分工事優先度ランキング5選

外構・エクステリアの部分工事優先度ランキング5選は以下の通り。

1位:表札・ポスト・インターフォン
2位:道路・駐車場から玄関までの舗装
3位:洗濯物干し場
4位:境界フェンス
5位:駐車場・物置・カーポート

それぞれもう少し詳しくお伝えします。

1位:表札・ポスト・インターフォン

表札・ポスト・インターフォン

「表札とポストとインターフォン」の3つは最優先の設備です。

これがないと、荷物や書類を受け取れないからです。

最近では、コンパクトにひとまとめになった機能門柱・ファンクションユニットと呼ばれる商品も販売されており、工事費用やスペースも比較的お手頃価格なのでおすすめです。

シンプルなものであれば、設置費用と商品代で10万円前後で設置することができます。

2位:道路・駐車場から玄関までの舗装

道路・駐車場から玄関までの舗装

次いで優先度の高い外構箇所は、玄関までの舗装です。

玄関までのアプローチ部分が舗装されていないと、家の中に泥や外でついた汚れを持ち込みやすくなってしまいます。

また、家の見栄えにも大きく影響する部分でもあります。

土間コンクリートで通路を作るだけでも見栄えや快適さが変わってくるので、一旦シンプルな舗装のみしておいて、あとから必要に応じておしゃれな舗装を追加してグレードを上げるといった順番でもよいのではと思います。

3位:洗濯物干し場

洗濯物干し場

各家庭によっても考え方は変わってくるとは思いますが、洗濯物干し場は意外と大事な設備です。

洗濯は毎日する作業なので、設備が整ってないと部屋干しをせざるを得なくなったり、乾きづらかったりと不便を感じやすい部分です。

「雨の日は部屋干しすればいいじゃん」という考え方もあるとは思いますが、家の中のスペースをとってしまい部屋が狭くなったり、乾きが悪かったりと意外とストレスを感じる場面が多いのではと思います。

小さいサイズの物干し屋根であれば、工事込みで7万円~8万円程度で販売されています。

大きめの3m×1.5mぐらいのサイズであれば、費用は10万円~12万円前後で吹込みも少なく機能性が高いのでお勧めです。

4位:境界フェンス

境界フェンス

お隣さんとの境界をはっきりさせるために必要なものです。

分譲されてある場合最初からある程度ブロックで境界が分けられていますが、それにプラスしてフェンスを設置するのがおすすめです。

ただ、フェンスの設置は実際に住んでみてから必要かどうか判断するのでも遅くないと思います。

生活していくと、目隠しが必要な箇所と不要な箇所が分かると思うのでそれから設置を検討する方がむしろ無駄がなく良いかもしれません。

フェンスの設置工事にかかる費用や選び方については、フェンスの外構工事にかかる費用と安くする方法【素材別の相場価格・選び方・注意点・見積方法も!】で詳しく解説しています。

5位:駐車場・物置・カーポート

駐車場・物置・カーポート
家や玄関に泥や土を入れないようにするためにも駐車場・物置・カーポートあたりは舗装しておくのがベターです。

きちんと舗装されていないと生活できないということではないものの、家に入るたびに玄関が汚れるというのは掃除の手間も増えますし、中々ストレスが溜まります。

コンクリート舗装の費用は1m2あたり5500円ほどは安くてもかかります。

ということは、施工面積が100m2(10m×10mぐらいの面積)を超えてしまうと、50万円以上費用はかかってしまうので、

タイヤが乗る部分だけをコンクリートで舗装するというように、本当に必要な範囲に絞って工事をするのが費用を抑えたい方にはおすすめです。

優先的には後からでも問題はないかと思うので、生活しながら使い勝手をみつつ工事を検討するのがよいかと思います。

駐車場の外構工事ついては駐車場の外構工事「費用相場」と「安くするコツ」を徹底解説【コンクリートでも安くできる!】でより詳しく解説しています!

あなたが検討しているのはどっち

お金のかからない外構にするには?

「外構費用の相場費用については何となく分かったけど、外構・エクステリアって以外と費用がかかるな。。。そんなに予算準備してない。。。」

そんな方に外構・エクステリア工事費用を安く抑える方法をお伝えします。
結論、外構・エクステリアの工事を安く抑える方法は次の3つです。

①施工内容の無駄を省く
②外構・エクステリア工事の専門業者に頼む
③部分的にDIYでやる

それぞれ具体的に説明していきます。

①施工内容の無駄を省く

必要最小限の工事に厳選し、デザインは凝ったものではなくシンプルに。

とても基本的なことですが、案外無駄の多い施工プランになっていることが多いので要注意です。

当然ですが、外構工事は施工箇所が増えれば増えるほど費用は高くなります。
さらに、凝ったデザインになると、それだけ材料費や工事の手間がかかるので工事費用が高くなるということも覚えておきましょう。

図面上であれこれ検討しているとあれもこれもと隙間を埋めたくなってしまいがちですが、本当に必要かどうかをきちんと考えて計画をすることで大幅に費用を抑えることができます。

②外構・エクステリア工事の専門業者に頼む

ハウスメーカーに頼むより、外構・エクステリア工事専門の業者に頼む方が安い。

家の建築を頼んだハウスメーカーや工務店にそのまま外構工事も依頼するというケースも多いですが、専門業者に頼むよりも割高であることがほとんどです。

ハウスメーカーや工務店に頼んでも、結局外構工事は下請けの専門外構業者に仕事を振ってます。

そしてその際、紹介料という形で見積もり金額に対して一般的に10%~20%程度の手数料をもらっています。

高いところだとなんと40%の手数料が上乗せされているケースもあるんだとか。

専門業者に直接頼むことで、ハウスメーカーや工務店に頼むと余分に発生する手数料分の費用を抑えることができます。

この業界構造はぜひ頭に入れておいてください。

外構・エクステリア工事専門業者のご紹介&無料見積もりはこちら

あなたが検討しているのはどっち

③部分的にDIYでやる

簡単で安全性を問われない箇所であれば自分でやるのもありです。

花壇や植栽または表札の取り付けやポストの取り付けなど簡単な工具や道具があればできる工事であればDIYでやってしまうのもありです。

外構・エクステリア業者に工事を依頼した場合、工事費だけではなくて運搬費用やその他の工事諸経費も含まれるので、DIYで自分でやってしまうと手間はかかりますがコストを抑えることができます。

外構・エクステリア専門業者に頼む箇所とDIYできるところを上手く組み合わせて総額費用を抑えることができるので、ぜひ一度検討してみて下さい。

まとめ

本記事でお伝えしたいことは、

・外構一式工事を50万円でやるのは難しい

・一度に一式全部工事をするのではなく、外構箇所ごとに優先度を決めて少しずつ工事するのがおすすめ

・外構箇所ごとの優先度は次の通り
 1位:表札・ポスト・インターフォン
 2位:道路・駐車場から玄関までの舗装
 3位:洗濯物干し場
 4位:境界フェンス
 5位:駐車場・物置・カーポート

また、工事を外構業者に依頼する際は、必ず3社以上に見積もりを取るようにしましょう。

複数の外構業者から見積もりをもらってしっかり比較検討することで、「工事費用」や「業者の質」を相対的に評価することができます。

とは言っても自分で複数社に問い合わせるのはなかなか骨の折れる作業だと思います。

当社をご利用いただくと同時に複数社の見積もり依頼をすることができます。
お住まいの近くの優良業者をご紹介しておりますので、お気軽にご登録下さいませ~

あなたが検討しているのはどっち
外構・エクステリアパートナーズ
閉じる