黒い家に合う外構フェンスは?【黒いフェンスにして後悔するケースも!?】

「黒を基調とした外観の家にしたんだけど、フェンスは何色が合うんだろう?」
「黒いフェンスだと何かデメリットはあるかな?」

こんなお悩みにお答えします。

家全体の外観において、フェンスの色選びは大事なポイントになります。

この記事では、エクステリアの色選びが少し難しい黒い色の家の場合にフォーカスして

外構フェンスの色選びについてお伝えします。

本題に入る前に、「今すぐ外構・エクステリア工事について相談したい」という方は下のボタンからご登録下さい!

あなたが検討しているのはどっち

黒い家に合うフェンスの色は?

建物や他の外構箇所のデザインとスタイルやトーンを合わせた色が最もマッチしやすいというのが前提ですが、
黒のフェンスと相性の良い色を3つご紹介します。

ブラック系

フェンスABTR1型

≫カタログ記載ページを見る

黒いデザインの家に、ブラック系のフェンスは比較的相性がよいです。
ただ、外観が暗くなりすぎないように全体のバランスは調整が必要です。

ブラウン系

フェンスABYL2型

≫カタログ記載ページを見る

木目調などブラウン系は黒色のフェンスともマッチしておしゃれに仕上がります。
多くのメーカーが様々な木目調のデザインのフェンスをだしているのでチェックしてみても良いかもしれません。
黒色の家に木目調を合わせることで、モダンでナチュラルでおしゃれな外構エクステリアに演出できます。

グレー系・ベージュ系・ホワイト系

フェンスABYL2型

三協アルミ【フレイナ】

迷ったらホワイト系・グレー系やベージュ系などの淡い色にすると間違いないです。
どんな色の家に設置してもマッチしやすい色です。

他の外構部分の色とのバランスも含めて、フェンスの色を選ぶようにしましょう。

ホワイト系・グレー系やベージュ系

あなたが検討しているのはどっち

黒の外構フェンスで後悔するケース【黒フェンスのデメリット!】

黒フェンスのデメリット!

黒いフェンスは落ち着いて重厚感もあり、おしゃれなカラーではありますが、黒を選んで後悔したという声もあります。

例えば、

「家の外観のカラーや雰囲気に合っていない」
「車の色に合っておらず、浮いた印象になってしまった」
「汚れや傷が目立ちやすい」
「黒で統一しすぎて暗い印象になってしまった」

などなど。

黒は存在感のある色なので、家の外観によって合う合わないが比較的激しい色だと思います。

ただ、うまく取り入れることでモダンでおしゃれな雰囲気を演出できる色でもありますので、上手にコーディネイトしたいですね。

フェンスの色はデメリットもしっかり認識した上で選ぶようにしましょう!

あなたが検討しているのはどっち

外構フェンスは色選びがとても重要!

外構フェンスは色選びがとても重要!

住宅の外構フェンスは、建物を外から見た際に、大きな範囲を占める設備です。

そのため、外構フェンスの色や大きさによって建物の全体的なイメージは大きく変わります。

だから外構フェンスの色選びはとっても大事なんです。

建物のデザインや近隣住宅との調和を意識しないと、見栄えの良くないエクステリアになってしまいます。

また、汚れや劣化の目立つ色やデザインにも注意が必要です。

リフォームや新築などで外構フェンスの変更や新設を行う場合には、機能性だけでなく色やデザインについても重視して選ぶようにしましょう。

外構フェンスの色の選び方

外構フェンスの色の選び方

外構フェンスの色を選ぶ際には、基本的に建物に用いられているサッシや玄関ドア、外壁、カーポートなどの色との調和を意識するのがポイントです。

特にサッシや玄関ドア、門扉の色は建物のデザインに大きな影響を及ぼす部分ですので、フェンスの色をこれらに合わせることで全体的なバランスを取ることができます。

最近は簡単に自宅写真にフェンスなどを合成シュミレーションが可能で、ほとんどの業者は数パターンのイメージCGと見積りを提案してくれます。

が、あくまでもシュミレーションなので実際に目視した最の見栄えとは多少異なる場合も多いです。

サンプルなどを貰って実際に目で見てみるのが一番ミスマッチを防ぐことができます。

トータルな完成イメージを参考にしつつ、建物に合う色や形状を選び、より自宅の状態にマッチする製品を選びましょう。

あなたが検討しているのはどっち

迷ったら外構業者に相談してみるのもあり

フェンスやその他の外構箇所のデザインやコーディネイトに悩んだら、外構エクステリアの専門業者に相談してみるのもおすすめです。

当社では、エクステリアプランナーの資格を持ったアドバイザーが在籍しており、外構プランを一からご相談いただけます。

フェンスの設置は、高さや素材・デザインなど判断指標が多く、自宅に最適なものを選ぶのはなかなか腰の折れる作業です。

「高さが十分でなく目隠しできてない」
「高さやデザインのせいで圧迫感がでてしまった」

など、外構フェンス選びに失敗してしまい、追加工事やメンテナンスに余分に費用が発生してしまうなんてケースもあるのでプロに相談するのが一番安心です。

また、フェンスにはどのような種類があるのか、適切なフェンスの選び方、相場価格など、基本的な知識を自分自身でもしっかり付けておくことで、

業者とのやり取りがスムーズに進みます。

フェンスの外構工事にかかる費用と安くする方法【素材別の相場価格・選び方・注意点・見積方法も!】の記事では、外構フェンスの工事に関して知って置くべき基本知識を丸っと解説しています。

「おしゃれで安いフェンス」にしたい!という方は、「安くておしゃれな外構フェンス」素材別におすすめ9つ紹介!【選び方や設置費用も解説】をチェックしてみて下さい。

弊社では、外構・エクステリアの専門アドバイザーによる無料相談も行っています。

同時に複数業者への見積もり依頼もできますので、お気軽にご相談ください。

あなたが検討しているのはどっち
外構・エクステリアパートナーズ
閉じる