西野里菜

【新築の方必見】庭づくりを全解説!おしゃれなデザイン例やコツ&費用を安くする方法など徹底解説

庭は家の顔でもある重要な部分です。 にもかかわらず、新築工事の中で庭づくりは非常に失敗しやすい場所と言われています。 後々後悔することのないように、本記事を通して「庭づくり」の全容を丸っと把握しておきましょう。 おしゃれな庭デザインの事例も紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さい。 今すぐに庭づくり(外構・エクステリア工事)について相談したい方は下のボタンから無料相談が可能です! 新築の庭づくりは失敗しやすい? 新築の外構・エクステリア工事の中で庭づくりは失敗しやすいと言われています。 「家の工事で手一杯な時に庭(外構・エクステリア)のことをじっくり調べる暇や気力がない」と何となく工事を進めてしまっている人が多いのです。 新築庭づくりの失敗例には、 「水道管が浅い場所にあった」 「手入れがしづらくメンテナンスが大変」 「庭を広く取りすぎて来客用の駐車スペースが確保できなかった」 「子ども用の自転車を置くスペースを考えていなかった」 「雑草を抜くのが大変」 「DIYで済ませたらまとまりのない外観になった」 など様々なケースがあります。 庭の雰囲気は、家全体の印象に大きく関わってくる大切な要素となります。 家の工事で忙しい方も多いと思いますが、庭づくりの手順やポイン、注意点は事前にしっかり確認しておきましょう。 庭づくりの手順 庭づくりの手順は次の通りです。 ①庭の用途を明確にする ↓ ②庭のデザインを決める ↓ ③庭づくり(外構・エクステリア)の専門業者を探す それぞれもう少し具体的にお伝えします。 庭づくりの手順①庭の用途を明確にする まずは、「庭をどう使うか」を明確にしておきましょう。 庭の用途は大きく次の2つに分かれます。 ・家族や友人と遊べる庭をつくる ・景観を見て楽しむ庭をつくる 庭で家族や友人とバーベキューをしたり、子供や愛犬と遊んだりしたいのであれば設備や機能面、安全面を優先して庭の計画を立てる必要があります。 一方で、景色を見て楽しむ庭にしたい場合には、よりデザイン性や手入れのしやすさなどに重きを置いて計画を立てる必要があります。 というように、「庭で遊びたい」のか「庭を眺めて楽しみたい」のかによって、優先すべきとや注意すべきことが異なるので、庭づくりの前にその用途をしっかり明確にしておく必要があります。 庭づくりの手順②庭のデザインを決める 和風や洋風、南国風やモダンなど庭デザインのテイストやイメージをある程度決めておくと、統一感のあるおしゃれな庭をつくりやすいですし、業者に依頼する場合は打ち合わせがスムーズに進みます。 最近では、InstagramやPinterestなどのSNSを通して様々なデザインの庭を見ることができるので、色々画像を見ながら自分好みのデザインイメージを膨らませてみましょう。 庭のデザイン事例をチェックする(クリックするとスクロールします)⇓ 庭づくりの手順③庭づくり(外構・エクステリア)の専門業者を探す 理想のデザインの庭をつくる方法は「DIY」「専門業者に頼む」の2つです。 工事内容によってはDIYで済ませるのもありですが、安全面やある程度のクオリティを求めるのであれば専門業者に頼むのをおすすめします。 費用をなるべく抑えたいという場合には、DIYでやる部分と専門業者に頼む部分を上手く組み合わせるのもありです。 また、工事費用&担当者との相性を吟味するためにも、1社だけで決めてしまわずに2社以上で比べてから決めるようにするのが庭づくり成功のコツです。 庭づくり(外構・エクステリア工事)を専門業者に頼む場合には、必ず2社以上から見積もりをとってしっかり比較検討するようにしましょう。 当社では、庭づくり(外構・エクステリア工事)の優良専門業者をご紹介しております。 お見積りやご相談を希望の方は下のボタンからご登録下さい! 初心者が庭づくりで注意すべきポイント【これだけは気を付けて!】 庭づくりで後々後悔することにならないように気を付けるべきポイントは次の5つです。 ・10年、20年後を見据えられているか ・メンテナンスや手入れがしやすいか […]

「犬を安心して遊ばせられる庭づくり」のコツや注意点を徹底解説

愛犬を安心して遊ばせられる庭にしたい!そんな方に向けて本記事では「犬が安心して遊べる庭づくりのコツや注意点」について徹底解説しています。 後で「これを設置しておくべきだった…」「これは全然要らなかった…」ということにならないように、事前にしっかり確認しておきましょう! DIYでやるべきか専門業者に頼むべきかお悩みの方もぜひご参考ください。 犬が安心して遊べる庭づくりのコツ 犬が安心して遊べる庭づくりのコツは次の2つです。 ●必要な設備を把握して取捨選択する ●安全面に配慮した庭デザインにする 後で「これも設置しておくべきだった…」とならないように、”あった方が良い設備”は事前に把握して置きましょう。 そのうえで、本当に必要な設備を予算と相談しながら取捨選択するようにすると後々の後悔が少ないです。 また、庭をデザインするうえで「安全面への配慮」はとても大事なポイントですので、併せて事前にしっかり確認しておきましょう。 犬が安心して遊べる庭づくりに必要な設備 「犬が遊べる庭」に必要な設備①犬小屋 外で飼育する場合は、犬の居場所となる犬小屋を設置します。 暑さ・寒さの対策や、感染症の原因となるノミ・蚊を避けるなどの対策をとった上で、隣家とのトラブルのリスクを避けるため、境界付近から離した位置に犬小屋を置きましょう。 ※環境省の『住宅密集地における犬猫 の適正飼養ガイドライン』では、犬の室内飼いが推奨されています。 鳴き声などによる近隣への迷惑の防止や、家族とのコミュニケーションを増やすためです。 「犬が遊べる庭」に必要な設備②日よけ 犬は人間よりも体温調節が苦手です。 夏場に熱中症になる可能性もありますので、外で飼育する場合は、テラス屋根やガーデンルームを設けたり、庭木で木陰を作ってあげましょう。 また、犬小屋で飼う場合は、ホームセンターで売っている「すだれ」や「よしず」を活用して、小屋への直射日光を遮ってあげると良いでしょう。 犬小屋自体を高床式にして、地面から直接熱が伝わらないようにする方法もあります。 「犬が遊べる庭」に必要な設備③柵、フェンス 脱走防止のため、飼っている犬種に合ったフェンスや柵が必要です。 「犬が遊べる庭」に必要な設備④水栓 お散歩後に脚を洗うために使用します。 お湯の出るものや、シャワー付きの物があると便利です。 オプションとして、ペットバス、お庭用のシンクを置くケースもあります。 「犬が遊べる庭」に必要な設備⑤ドッグラン・運動スペース 庭の広さに余裕がある場合は、ドッグランを設けるのもお勧めです。 カラーコーン、ハードル、トンネルなどの犬用のアジリティグッズ(運動器具)も併せてご用意いただければ、愛犬と楽しく遊ぶことが出来ますし、自宅で運動の機会を与えることで、お散歩の頻度を減らすことも出来ます。 「犬を安心して遊ばせられる庭」デザインのポイント 「犬が安心して遊べる庭」デザインのポイント①脱走防止のための柵、フェンスの選び方に注意 まず、脱走防止のフェンスについてですが、ブロック塀の基礎があるタイプの場合は、基礎となるブロック塀を足場にして飛び越えてしまうケースもあるので、ブロックからの高さを考慮して作らねばなりません。 適正な高さとしては、犬種にもよりますが、小型犬でしたら、150cm以上、中型〜大型犬でしたら、180cm以上が目安です。 また横格子のフェンスですと、隙間に脚をかけよじ登って超えるケースもありますので、脚が入らない間隔のものを選んで頂くか、縦格子のものがお勧めです。 縦格子の場合の間隔は、犬にすり抜けられる心配のないものを選んでください。 材質としては、木製ですと爪が引っ掛かりけがをする可能性もありますので、アルミ製などが良いでしょう。 また、フェンスの下から穴を掘って脱走してしまうことも考えられますので、基礎は全体的に作っていただいた方が良いです。 「犬が安心して遊べる庭」デザインのポイント②門扉は脱走防止を意識したものに 脱走防止のため、犬が自力で開閉出来ない構造、飛び越えられない高さ、すり抜けられない隙間のものを選ぶようにしましょう。 また、先端にスパイクが付いて居たり、鋭利な構造になっているものは、防犯上はよろしいですが、犬が飛び越えようとした際にケガをしてしまう事例もありますので、避けた方が良いです。 「犬が安心して遊べる庭」デザインのポイント③デッキは犬の脚に配慮したものに 犬の脚に優しく滑りにくいウッドデッキがお勧めです。 カラーは黒い色の方が夏場熱を吸収し、厚くなりますので、黒に近い色は避けましょう。 また、犬が下に潜り込まないよう、侵入防止の床下囲いがあると良いです。 「犬が安心して遊べる庭」デザインのポイント④噴水、水場は衛生管理に注意 水場は、蚊の幼虫であるボウフラが繁殖することもあります。 蚊は、フィラリア症(犬糸状虫症)を媒介しますので、注意が必要です。 感染しますと、心不全や肺障害を引き起こし、命に係わる場合もあります。 […]

【安全面&成長後を意識】子供が安心して遊べる庭づくりのポイントとアイデア

お家遊びが増えている中、「もっと子供もが安心して遊べる庭づくりがしたい」という家庭も増えてきています。 しかし、注意すべきポイントを押さえていないことで、 「フェンスの高さをあまり考えずに設置したら通行人から丸見えだった」 「子供が大きくなって使われなくなり無駄なスペースになった」 など、後々後悔することにもなり兼ねません。 本記事では、「子供を安心して遊べる庭づくりのポイントとアイデア」について具体的にお伝えしています。 「外構・エクステリア工事の専門業者に頼む方法」についても併せて解説していますのでぜひご参考ください。 それでは本題に入っていきましょう! と、その前に「今すぐ庭づくりの専門業者に無料相談したい!」という方は下のボタンからどうぞ。 子供が安心して遊べる庭とは? コロナ渦における外出自粛やリモートワークの浸透もあり、おうち時間を大切にする家庭が増えています。 そのような社会背景もあり、最近は新築・リフォーム問わず「外出せずとも庭で子供と安心して遊びたい」という要望を頂くことが増えています。 お子さんが安心して遊べる庭を作る上で大切な要素が「安全面」と「大人も楽しめる設計」です。 本記事ではこの2点を考慮して、お子さんと遊べる庭について解説していきます。 子供が安心して遊べる庭づくりのポイント 子供を安心して遊ばせられる庭をつくるためのポイントをいくつかお伝えします。 庭工事が済んでから「こうしておけばよかった。。。」ということの無いように、しっかりチェックしておきましょう。 子供が安心して遊べる庭づくりのポイント①落下の防止 小さいお子さんがいらっしゃる家庭で、まず第一に考えなければいけないことが落下の防止です。 高低差のある箇所では大きな事故になりかねません。 エクステリアに関する事故の公的データはありませんが、東京都商品等安全対策協議会調べによると、ベランダ事故で最も多いのが2歳児、次いで3歳児、4歳児と続きます。 上記機関が「安全対策に適した高さ」として公表しているベランダ手すりの寸法は以下の通りです。 ・全体の高さ:1100mm以上(1200mm以上を推奨) ・足がかり部分からの高さ:800mm以上(900mm以上を推奨) エクステリアの場合はブロックの上にフェンスを取り付けるケースが多いかと思いますが、 ブロック(=足がかり)から900mm以上、ブロックを含めた高さ寸法で1200mm以上を目安に設置を検討しましょう。 ※【参照】平成 29 年度 東京都商品等安全対策協議会 報告書概要『子供のベランダからの転落防止のための手すりの安全対策』 子供が安心して遊べる庭づくりのポイント②飛び出しの防止 好奇心旺盛なお子さんの飛び出し防止にも配慮が必要です。 メインで遊ぶ主庭と道路側との仕切りとして門扉(ゲート)の取付をオススメします。 片開きタイプであれば場所を取らず、6~10万程度で設置が可能です。 子供が安心して遊べる庭づくりのポイント③目の届く範囲 リビングの窓から目の届く範囲で、死角ができないようにお庭づくりができると良いです。 お子さんが遊んでいる間も大人がくつろげるようにウッドデッキやタイルデッキを設け、外にいても快適な空間を作ることが大事です。 主庭は日当たりの良い南側になることがほとんどです。日影ができるようにオーニングを設置したり、常緑の中高木樹の植樹も検討すると良いでしょう。 子供が安心して遊べる庭づくりのポイント④転んでも安心 子供はよく走り、よく転びます。 メインとなる主庭だけでも芝生を敷くと安心です。 最近は管理が大変な天然芝に代わり人工芝がよく使われるようになりました。 今では本物そっくりでお手入れが楽な人工芝もあるので、芝の管理に自信がない方は人工芝をオススメします。 子供が安心して遊べる庭づくりのポイント⑤子育てを意識した設備の確保 物置 子供は成長に伴い、遊び道具が変わります。 上の子が飽きた遊具も「いずれ下の子が使えるかな…」とすぐには捨てられず、場所を取るのも悩み所です。 遊び道具やアウトドアグッズを保管しておける物置を設置すると何かと使い勝手が良いのでオススメです。 メインとなる主庭には置かず、サービスヤード(勝手口周辺)に配置すると景観を邪魔しません。 […]

【徹底解説】外構工事って何?これを読めば外構・エクステリアが丸っとわかる!

「外構・エクステリアは家づくりで最も失敗しやすい」と言われているをご存じでしょうか? 外構やエクステリアについて考えることは、人生で一度あるか無いかという人が大半であるうえに、 情報が世の中にあまり出ていないため、何となく業者に言われるがままに工事を進めてしまっている人が本当に多いんです。 知識さえあれば「もっと費用を抑えられたのに」「もっとおしゃれな庭や玄関にできたのに」というケースが沢山あるのが現状です。 家は生活を送るうえで非常に大事な場所であるはず。 後から後悔することの無いよう、本記事を通して外構・エクステリア工事についてしっかり理解しておきましょう。 今すぐに外構・エクステリア工事の専門アドバイザーへ無料相談したい方は下のボタンから! 「外構工事」とは?「エクステリア」との違いは? 外構工事とは「門扉・門柱」「フェンス」「アプローチ」「カーポート」「植栽」など、家の外側(敷地内)を構成する構造物の工事を指します。 エクステリアと混同しがちですが、エクステリアは家の外(敷地内)の空間全体のことを指します。 「複数の外構によってエクステリアが構成されている」というイメージで、外構+庭=エクステリアと説明されることもあります。 外構・エクステリアは家づくりで最も失敗しやすい マイホームの顔でもある外構・エクステリアですが、実は最も失敗しやすい部分でもあります。 「外構・エクステリア費用は住宅の本体価格に含まれていると思ってた」 「家の中のことで既に消耗しているタイミングで外構・エクステリアの検討が始まって気力・体力が残ってない」 「外構・エクステリア業者に関する情報があまりなく、良く分からない」 というように、十分に情報を集められておらず、業者さんから提案されるままに何となく工事を進めてしまっている方が非常に多いんです。 外構・エクステリア工事はオーダーメイドなので「正解」は一つではありません。 ですが、「失敗」しないために出来ることは沢山あります。 せっかくのマイホーム、外構・エクステリア工事で後悔しないためにも、しっかり情報収集して知識を付けておくことがとっても大切です。 それではさっそく、具体的な外構タイプや外構工事の種類から確認していきましょう。 外構のタイプと種類 ここでは、 ● 外構タイプ(敷地内と外の境界部分のタイプ) ● 外構種類(工事をする部分の種類) について解説します。 外構のタイプ 外構は大きく分けて、以下の3のタイプがあります。 用途や予算によってどの外構タイプが最適かが変わってきます。 ①クローズ外構 クローズ外構とは 「門、フェンス、ブロック塀、生垣などで住宅の敷地を囲い、住宅と道路の境界線が明確にわかる外構」のことです。 クローズ外構の一番のメリットはプライバシーを確保できることですが、他のタイプと比較して外構工事費用が高くなります。 ②オープン外構 オープン外構とは その名の通り、「住宅の敷地を塀やフェンスなどで囲わず、外部からオープンに見えるようにする外構」を指します。 フェンスや門扉もないため、クローズド外構と比較すると圧倒的にオープン外構の方が費用が安くつきます。 ③セミクローズ外構 セミクローズ外構とは、「塀やフェンスで完全に周囲を囲むのでは無く、必要な場所にのみ設置する外構」のことです。 外構工事の費用を抑えることと、プライバシーをうまく確保できることから近年では、多くの注文住宅で採用されている外構タイプになります。 基本的にはオープンであればあるほど工事費・資材費がかからないのでコストは下がります。 外構の種類 代表的な「外構」は次の通りです。  ・塀・囲い  ・ガレージ・カーポート ・玄関アプローチ  ・テラス・ウッドデッキ  ・フェンス […]