外構・エクステリア工事の費用

外構・エクステリア工事の費用を完全理解!「建築費の10 %が相場」は間違い!?

外構・エクステリア工事の費用相場は「建築工事費用の10%程度」と説明されているのを度々見かけますが、それは間違いです。 外構・エクステリア工事の費用相場について間違った認識をもっていると、適切な計画が立てづらくなり、限られた予算を有効活用できなくなり兼ねません。 外構・エクステリア工事で後悔をしないためにも、本記事を通して、外構・エクステリア工事の費用について正しく理解して頂ければと思います。 さらに、後半では工事費用を安く抑える方法についても解説していきますので、これから外構・エクステリア工事を検討する方はぜひご参考ください。 それでは早速、「外構・エクステリア工事にかかる費用」について解説してきます。 外構・エクステリア工事にかかる費用【”建築費の10%が相場”は間違い】 外構・エクステリア工事の費用相場を調べると、よく建築工事費用の10%程度と言われますが、建築工事費と外構・エクステリア工事費に相関関係はありません。 外構・エクステリアは、それぞれの家によって異なる条件に対してフルオーダーメイドで作られるものなので、明確な相場というものは存在しません。 その上で、自宅の外構・エクステリア工事にかかる費用を検討する際は ”外構・エクステリア工事の費用は「①外構面積」「②外構タイプ」「③工事をする場所」によって変動する” ということを理解しておく必要があります。 ①②③について、それぞれもう少し詳しく解説していきます。 ①外構面積によって工事費用が変わる まず考えるべきは、「自宅の外構面積がどのくらいの広さなのか」という点です。 外構・エクステリア工事の費用は外構面積が広くなればなるほど高くなります。 外構面積とは 『敷地面積から建物が建っている面積(建築面積)を差し引いた面積』のことです。 例えば、敷地面積が200㎡で建築面積が100㎡であれば 200㎡ー100㎡=100㎡ が、外構面積になります。 極端な例を挙げると、全面を土間コンクリートにしたい場合、土間コンクリートの費用相場は、10,000円/㎡程度です。 外構面積100㎡であれば100万円、200㎡であれば200万円かかる計算になります。 逆に狭小住宅であれば、外構面積はほとんどないので、外構・エクステリア工事にかける費用は安くて済みます。 カーポートや門扉などの単体で購入するものではない「面積物」の工事費用は、外構面積によって大きく左右されます。 ②外構タイプによって工事費用が変わる 続いては「自宅をどの外構タイプにするか」という点について。 どの外構タイプを選ぶかによっても、外構・エクステリア工事費用が変わります。 外構は大きく分けて、以下の3のタイプがあります。 ● クローズド外構 ● オープン外構 ● セミクローズド外構 費用相場は「クローズド外構>セミクローズド外構>オープン外構」で高くなる傾向があります。 それぞれのタイプについてもう少し詳しく解説します。 クローズド外構 クローズド外構とは 「門、フェンス、ブロック塀、生垣などで住宅の敷地を囲い、住宅と道路の境界線が明確にわかる外構」のことです。 フェンスを設置するだけでも100万円超えることがありますので、フェンスありなしでも大きく外構・エクステリア工事費用が変ってきます。 クローズド外構の一番のメリットはプライバシーを確保できることですが、他のタイプと比較して外構工事が高くなります。 オープン外構 オープン外構とは その名の通り、「住宅の敷地を塀やフェンスなどで囲わず、外部からオープンに見えるようにする外構」を指します。 フェンスや門扉もないため、クローズド外構と比較すると圧倒的にオープン外構の方が費用が安くつきます。 デメリットとしては、開放的な空間となるためプライバシーの確保が難しく、防犯面としても敷地の出入りがしやすいタイプなので、注文住宅の建物自体に防犯性能を高めたりする必要があります。 セミクローズド外構 セミクローズ外構とは、「塀やフェンスで完全に周囲を囲むのでは無く、必要な場所にのみ設置する外構」のことです。 オープン外構は部分的に塀やフェンスなどを設置することでプライバシーを守りつつ、十分な開放感を維持することができます。 外構・エクステリア工事の費用を抑えつつ、プライバシーや防犯対策ができることから、近年多くの注文住宅で採用されている外構タイプです。 […]